So-net無料ブログ作成
検索選択

O.S.T. (We Bought A Zoo) music by Jonsi [ICELAND]


幸せへのキセキ

幸せへのキセキ

  • アーティスト: サントラ
  • 出版社/メーカー: SMJ
  • 発売日: 2012/05/30
  • メディア: CD



  映画「幸せへのキセキ」(原題:We Bought A Zoo)のサウンドトラック・アルバムです。
しかし、これがただのサントラではありません。 前回、ここで取り上げたシガー・ロスの
フロントマンである Jonsi のソロアルバムと言えるほどの作品なのです。
  監督のキャメロン・クロウが、映画のイメージを頭に描いて、ヨンシーに音楽を依頼し、
ヨンシーが快諾したことから制作されたというこのアルバムは、同時期のシガーロスの
新作「ヴァルタリ」と交互に聴いて楽しむことのできる素晴らしい仕上がりです。

  その前に映画の話も少し。 キャメロン・クロウ監督にとって6年ぶりとなるこの映画は
、妻を亡くした夫が子供たちのために閉鎖寸前の動物園を買収し、再生させるという実話
を元にしたもの。 実際に映画を見ましたが、主演のマット・デイモンの男らしく、優しく、
子供思いの父親像は本当に感動的でした。 実際に娘をもつ父親として、彼のように
背中で引っ張っていくような行動力には感銘を受けました。 是非とも、見てほしい映画
ですね。
  その映画は新緑の光に包まれているようなイメージなのですが、それを効果的に
演出しているのが、ヨンシーの音楽です。 彼の妖精のようなボーカルと、浮遊感あふれ
るサウンドは、まさに希望の光がさすような雰囲気。 この映画にぴったりです。
  「ヴァルタリ」に比べると、はるかに聴きやすく、親しむやすいサウンドだと思います。
そう考えると、シガー・ロスの「ヴァルタリ」は、エンターテイメント・ビジネスの世界から
はるか遠い渚にたどりついてしまったかのような存在だということに気付きました。
いっぽうで、ヨンシーはアメリカの映画業界、まさにハリウッドとの接点をかろうじて、
ここで見出しているという気がします。 これがバンドとソロとしての音楽の違いでしょう。
仮にそれが逆だとしたら、シガー・ロスというバンドが存在する意味を疑ってしまいます。

  さて、今年のサマーソニック2012で来日するシガーロス。「ヴァルタリ」のサウンド
でライブができるかどうか非常に興味がありますが、もしかして、このサントラの印象的
なフレーズが飛び出したりして。 
  おそらく、そういうことはないと思いますが、どちらに転んだとしてもライブは必見です
ね。 楽しみです。


Sigur Ros [ICELAND]


Valtari

Valtari



   かなり孤高の存在となってきたシガー・ロスの久しぶりの新作です。 前作もこの
ブログで取り上げていますが、その日にちは2008年8月13日でした。 あれから、もう
4年も経過しているわけですね。

  前作の「残響」は、彼らのポジションをより強固なものにした傑作ですし、そのクオリティ
は僕の周りにいる音楽ファンならば誰にでも推薦できる内容でした。 アルバムの始まり方
には、はっとさせられるアイディアもあって、一気に聴き進むことができました。

  では、この新作はというと、一言で言うと、「もの静か」です。 昔のシガー・ロスを聴いて
いないので、彼らのキャリアのなかでの立ち位置は語れませんが、少なくとも前作よりは
「地味」です。 水しぶきが木の葉から落ちた瞬間に光に反射するようなきらめきのような
ものは感じません。 ちょっと前に出た「Jonsi & Alex」に近いかなと思ったりしますが、
そうでもないような。
  ふと、ヒーリングサロンとかのBGMを最高級なものに入れ替えるとしたら、このアルバム
がいいのでは、と思ってしまいました。 足裏をマッサージしてもらいながら、聴いたら最高
でしょうね。 あの安っぽいシンセのサウンドでは、まったく癒されませんから。 
  そう考えると、宗教的な匂いもしなくはないです。 何か新しい光に導かれて、ゆっくり
と進んでいくような、そんなアルバムです。

  リズムがほとんど排除されていることもあって、このアルバムを発表した後での彼らの
ライブはいったいどんなものになるのか全く想像できません。 僕は少なくとも、座って聴き
たいです。 もしくは、プラネタリウムのなかとか...

  なんて雑感を並べてみましたが、買って後悔は全くしていません。 彼らの素晴らしさ
は、サウンドだけでなく、アルバムのデザインにもあるからです。 遠くに浮かんでいる船
を映した今回のジャケットは手にとりたくなるようなもの。 紙の素材の質感も含めて、
作品トータルの重要な要素となっていると思います。 もし、あなたがカフェやサロンを営ん
でいるのであれば、持っていて損はないと思います。


Jonsi and Alex [ICELAND]

  シガーロスの主要メンバーふたりによるユニット。 これも、ミュージックマガジンの
年間ランキングでヨーロッパ部門2位になっていたことで、買いました。
  手作り感あふれる、二つ折りの紙ジャケットに無造作に収納されたディスクをプレイヤー
に乗せて、しばらくすると神々しい音のヴェールに包まれます。 アンビエントでありながら
奥深さと神秘性を兼ね備えた音響系のサウンド。 これこそ、ポータブルのオーディオには
まったく似合わないスペースと距離が必要な音楽です。

  しかし、この低いストリングスのような音はどのように出しているのでしょうか。 時間
の感覚を失わせるような音色の継続。 かつて、コクトーツインズが確立した世界とは
もちろん違うものの、コンセプトの統一感としては近いものを感じました。

  家でじっくり聴きたいアルバム。 その間に眠りに落ちたとしても、それは間違いでは
ありません。 アナログ盤も出ているようで、これは入手したいです。


Riceboy Sleeps

Riceboy Sleeps






Riceboy Sleeps [Analog]

Riceboy Sleeps [Analog]

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: XL
  • 発売日: 2009/10/20
  • メディア: LP Record



Sigur Ros [ICELAND]

 以前から気になっていたバンドなのですが、最新アルバムを買ってみました。
全裸(でも靴は履いています)で駆け出す後姿が妙にサイケデリックな感じ
ですが、アルバムも奥深いサウンドでした。
 とくに8分56秒の大作「Ara Batur」のような神聖で荘厳なサウンドには
圧倒されます。 このバンドが高く評価されてきたことが、すぐに納得できまし
た。 この冷たく乾いた空気感は、北欧の高級オーディオで聴いてみたい
ところです。 Lynn とか欲しいですね。

 



メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。