So-net無料ブログ作成

Simon Dalmais [FRANCE]


The Songs Remain

The Songs Remain

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Apres-midi records
  • 発売日: 2012/08/12
  • メディア: CD


  もうすぐ8月も終わり。 残暑はまだまだ続いていますが、高いところに漂う
絹雲の透き通った感じは秋の訪れを感じさせます。
  あー、今年は海に一度も行かなかったなあ、なんてことを口にしても、実は
さほど後悔はしていないのですが、今年に限ってはビーチ・ボーイズの来日を見逃し
たことが、じわじわと胸に押し寄せてきます。


  そんななか、ビーチ・ボーイズの「Friends」とベン・ワットの「North Marine Drive」
を結ぶような名盤、というフレーズに激しく高揚してしまったアルバムを紹介します。
  しかも、ジャケットも素晴らしく、「The Songs Remain」というタイトルも泣けてきそう
なこのアルバム。 その主人公は Simon Dalmais というフランス人でした。 シモン
・ダルメ、と発音するようですが、このアルバムは彼のデビュー・アルバムだそうです。
  アルバムの音はまろやかなピアノの音色、眠たそうなボーカルが、繊細な絹の
ヴェールに包まれたかのように淡く進行していきます。 インストの曲は、映画の
サウンドトラックのように聴こえてきたり、ひとつひとつの音の丁寧なたたずまいは、
心に沁み入り、深いリラクゼーションへといざなってくれます。 ちょうど、日が短く
なってきた今頃の季節に、暮れゆく海辺で聴いたら、それ以上何もいらないと思え
るような気がします。 そんな景色や風のざわめきさえも、自然に溶け込んでいき
そうな、そんなサウンドなのです。

  このアルバムを聴くのは9月がベストでしょう。 昨日の夜に久しぶりにカラオケ
に行って、9月にまつわる楽曲ばかりをチョイスしていました。 ユーミンの「晩夏」
とか「9月にはかえらない」など、生音&しっとり系の曲ばかり。
  その翌日にこのアルバムを聴いて、自分の心と体が完全に秋を待ち望んでいる
ことに気づいたのです。
  8月はもう1日ありますが、すでに僕の目につくところにあるカレンダーはすべて
めくられました。 
  一番好きな季節、秋の到来です。


Dexys [UK]


One Day I'm Going to Soar

One Day I'm Going to Soar

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Bmg Europe
  • 発売日: 2012/06/12
  • メディア: CD


   レコード店でCDの陳列を見ていると、熱心に売りたい気持ちが伝わって
くるタイトルばかりとは限りません。 なんとなく、どこに置いていいか、わから
ないような感じで、こっそりと再発コーナーの近くにあったりする新譜もあるもの
です。 今日、取り上げたこの Dexys のアルバムもその仲間。 僕の目に
映ってしまった以上、救済してあげないといけない義務感にかられて、購入
に至ったものです。

  この Dexys の新譜については、春のうちから発売されることを知っていま
した。 当初はオリジナルの名称である Dexys Midnight Runners で発売さ
れるものと思っていたのですが、いろいろな事情があって Dexys としての
リリースとなったようです。 ということで、このアルバムはあの「カモン・アイリ
ーン」で全米・全英ナンバーワンを獲得した伝説的なバンド、Dexys Midnight
Runners の事実上の再結成アルバム。 4枚目の作品と考えていいでしょう。

  しかし、メンバーはリーダーのKevin Rowland に加え、初期に脱退し、The
Style Council で有名になった Mick Talbot を軸にしたものとなっています。
トロンボーンで Jim Paterson が参加していること、ギターで1970年代から
セッションを中心に活躍した Neil Hubbard が参加しているところあたりが、
コアなブリティッシュ・ロック好きにはひっかかるところでしょう。

  Kevin Rowland に関しては、ソロの2作目あたりで、ゲイに大変容を遂げ
たあたりから、遠ざかっていましたが、このアルバムでもソングライティング、
ボーカルとその存在感は圧倒的。 実質的に彼のアルバムとみなしてもいい
ような仕上がりです。 個人的には、Dexys Midnight Runners の最高傑作
は3枚目の「Don't Stand Me Down」ですので、その延長線にあるサウンド
は悪くありません。 より渋くなったとコメントできればいいのでしょうが、「Don't
Stand Me Down」がすでに渋すぎて、これ以上進めないアルバムだったの
で、むしろ普通にだらけて老人になったというほうが、正しい表現だと思い
ます。

  ということで、購入して後悔はありませんし、僕が買わなかったら、誰が
買うんだ!という義務感も否定しません。 おそらく来日などもないでしょうし、
このまま数年したら忘れられ、あるいは入手すら困難になってしまう可能性
も捨てきれません。 ということで、往年のファンにはその発売だけでも、認知
してもらいたいアルバムです。

  但し、大ヒットした2枚目ではなく3枚目を通過していることが、このアルバム
を受け入れる条件となることだけは、申し添えておきます。


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。