So-net無料ブログ作成

Peter Broderick [USA]


Colours of the Night

Colours of the Night

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Bella Union (Imp542)
  • 発売日: 2015/05/18
  • メディア: CD



   昨日、市ヶ谷で Peter Broderick の来日コンサートを見に行ってきました。 
予想通りの素晴らしさに、いまだに興奮を抑えきれません。 ルーテル市ヶ谷教会の
ホールは、パイプオルガンが設置されているなど、クラシック音楽向きのもの。 普段は
ポピュラー・ミュージックでの利用は少ないようですが、この会場がまた Peter Broderick
の研ぎ澄まされた音にはぴったりで、素晴らしい音響も含めて、非常に心に残る音楽
体験となりました。

   コンサートはゲストの Brigid Mae Power という清楚な女性 SSW でスタート。
ギターの弦を新しくしたばかりということで、チューニングが上手くできずに、Peter に
お願いしたりと、アマチュアな感じもしましたが、その美しい声にはうっとりしてしまいま
した。 5 歳の男の子の母親ということですが、今度アルバムをじっくり聞いてみたい
と思います。 2曲目に演奏した曲では、Peter をバックコーラスに迎えたのですが、
この曲が秀逸でした。

   Peter Broderick のほうは、予想通りピアノの弾き語り。 ボーカルパートが少
ないために、どこで歌唱が始まるのか、あるいはそもそも無いのかが読みづらい展開
でした。 そんななか、一つ一つの音を大事にする演奏姿勢には、神々しいオーラを
感じ、咳一つできないような緊張感に包まれてコンサートは進行。 途中で、Peter が
客席にまで歩みよって、独唱を続ける場面があったり、Steinways & Sons のグランド
ピアノの中に身を乗り出して歌唱するなど、独特のパフォーマンスにも心打たれてしま
いました。

   アンコールのラストでは、このブログでも 2011 年 3 月に取り上げた名盤「How
They Are」のラストを締めくくる名曲「Hello to Nils」を演奏。 もっとも聴きたかった曲
だけに鳥肌モノでした。 真のミュージシャン、心を震わせる音楽とは、こういうもの
なのだと改めて実感した夜となりました。

   さて、今日紹介するのは、そんな Peter Broderick が2015年にリリースした
バンドスタイルのアルバム。 ドラムスやベースが入り、曲によってはストリングスや
管楽器も参加しており、曲調もバラエティに富んだものとなっています。 耽美的で、
抑制のきいた孤独感あふれるスタイルのPeter Broderick を期待して向かい合うと、
ちょっと意外に感じてしまうかもしれません。 とはいえ、やはり個々のサウンドの
出来栄えはしっかりしており、ソロではない彼の姿も見てみたくなるような、そんな
アルバムです。

  はやくも次の来日を期待しつつ、間違いなく行こうと思っています。



   

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。