So-net無料ブログ作成
検索選択

Tracey Thorn [UK]

  Everything But The Girl で一番好きなアルバムは「Idlewild」です。 トレーシー・
ソーンが今年発表したソロアルバムは Music Magazine によるとその頃のサウンド
に近いということで、さっそく購入しました。

  第一印象は「なつかしい」ということ。 彼女の独特の声は健在かつ不変でした。
憂いとか翳りを表現させたら右に出るものはいないと思えるほど、彼女のボーカルは
素晴らしいです。 けして、リスナーを沈ませることなく、情感がにじみ出る様は、
稀有な才能といえるでしょう。

  アルバムは、2 曲をのぞいてトレーシーの作曲。 編成も 3 人くらいのアコースティック
なもので、たしかに 1980 年代後半の EBTG のもつ雰囲気に似ています。 しっとりした
Long White Dress」からアップテンポの「Hormones」に続くあたりでは、ついつい
にんまりしてしまいます。  さらに感激したのは、「Late In The Afternoon」という曲
で、リコーダーで参加している Kate St. John です。 ご存知、Dream Academy の
紅一点の才媛美女です。 最近すっかり見かけなくなったと思ったら、こちらも懐か
しい再開でした。 ただ、サウンド的には存在感はほとんどありませんでした。

  このアルバム、まだ 2 回しか聴いていませんが、聴けば聴くほど味わいが深まる作品
に違いないと思っています。 そういったアルバムにはなかなか出会う機会がないので、
これは今年の収穫としてはかなり重要な作品となるでしょう。

  3 年前に出ていたという 2 枚目のソロも聴いてみたくなりました。


ラヴ・アンド・イッツ・オポジット

ラヴ・アンド・イッツ・オポジット

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ホステス
  • 発売日: 2010/05/26
  • メディア: CD



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。